Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/akaneiro01/bh01.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

大人ニキビのタブーと治療法

ニキビ

大人ニキビのタブー

ニキビが出来た時、皆さんはどうしますか?

ニキビケアをするのは当然ですが、それ以外の行動が時にニキビの治りを遅くしたり、ニキビ悪化に繋がったり、治った跡が残ったりします。

ニキビケアは、ニキビを治すために行う行動です。

ニキビ治療薬を塗ったり、肌を清潔に保とうとしたり、ニキビ用の化粧品を使ったりなど、ニキビに直接働きかける方法もありますし、ニキビ原因でもある、ストレスや食生活などを改善するなど、根本原因を改善することで治療する子方もあります。

どちらにしろ、正しいケアをしていればニキビが悪化することも、ニキビ跡が残ることもありません。

ですが、正しい知識を持たないまま、自己流でニキビケアを行ってしまうとニキビ悪化やニキビ跡が残る原因となってしまいます。

ニキビを潰してはいけません

ニキビが出来ると、気になってついつい手で触ってしまいます。

そして、爪でそのまま潰してニキビの中身を押し出そうとします。

ニキビを潰して中の皮脂や膿を出す方法は、確かにニキビ治療法としてあります。

考え方は間違っていません。特に膿のあるニキビの場合は、中の膿を出す方が早く治ります。

ですが、自己流で行ってしまうと、その潰した跡が残ってしまい、最悪クレーターが出来上がります。

ニキビを手や爪を使って潰すと、その手に付いた雑菌が毛穴の中に入って炎症を悪化させてしまいます。

また、雑菌に感染しなかったとしても、ニキビ跡に大きな穴が開いて、クレーター状のニキビ跡が出来てしまいます。

ニキビは、清潔ではない手で触っただけでも悪化する可能性があります。むやみに触らない方が、ニキビケアには有効なのです。

洗顔やマッサージをしてはいけません

洗顔自体はしなければいけません。

ニキビケアに清潔なお肌は欠かせません。

問題なのは、その洗顔方法です。

ニキビがあるのに洗顔料でゴシゴシとこするように洗っていたり、毛穴の中の汚れを絞り出すように洗っているのだとしたら、ニキビケアとしては思いっきり間違っています。

ニキビ肌の洗顔には、普段の洗顔よりも注意を払わなければいけません。

洗顔料をしっかりと泡立て、その泡でやさしく包み込むように、肌をこすらないように洗うことが大切なのです。

特にニキビがある部分は、こすってはいけません。

マッサージも同じです。

顔の血行を良くすることで、ターンオーバーを促すことが出来ます。ですが、ニキビがあるのに顔をマッサージするということは、ニキビ肌をゴシゴシとこすっていることになります。

ニキビが潰れ、細菌に感染する恐れもありますし、その潰れたニキビ跡がクレーター状になる可能性もあります。

ニキビに触らないようにマッサージが出来るのであれば問題はありません。

ですが、ニキビが出来た場所によっては、マッサージ中にニキビに触れてしまいます。

しない方が良い場合もあることを知っておきましょう。

メイク、顔そりはしてはいけません

ニキビがある場合、ファンデーションはニキビ悪化の元となりますので、使ってはいけません。

特に、リキッドやクリームのファンデーションは、その油分がニキビ悪化の元となります。

それに、ファンデーションが毛穴を塞いでしまいますので、ニキビが悪化します。

どうしてもメイクをしなければならないのなら、長時間しないこと、帰宅後は直ぐにメイクを落とし、メイク汚れが残らないようにすることです。

顔そりも、ニキビ肌には厳禁です。

化粧のノリが良くないとか、口周りの無駄毛が気になるなどの理由で顔そりをしますが、ニキビ中にはしないのが得策です。

間違ってニキビを削ってしまったり、傷ついたニキビが細菌に感染したりと、ニキビ悪化の原因を作ってしまいます。

どうしても顔そりの必要があるのなら、電動カミソリを使い、ニキビを避けて行ってください。

大人ニキビの正しい治療法

大人に限らず、ニキビケアは時間がかかっても正しい方法で行うのがベストです。

では、正しいケア方法とは何でしょうか?

  • ニキビケア化粧品を使う
  • 市販薬を使う
  • 皮膚科などの病院で治療する

この3つが、正しいケア方法です。

ニキビケア化粧品

ニキビケア化粧品は、ドラッグストアやネットなどで買うことが出来ます。

自然由来の成分で出来ているものが殆どですので、敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

医薬部外品のニキビケア化粧品もありますが、即効性の治療薬というわけではありませんので、時間をかけてニキビを治療します。

化粧品の場合、ニキビ治療もありますが、ニキビが出来難い肌を作ることも目的の1つです。特に繰り返し出来てしまうニキビに注目して、アロマ効果でホルモンバランスを整えたり、ストレスを癒したりしながらニキビケアを行う化粧品もあります。

炎症がひどく膿が溜まってしまったようなニキビ治療ではなく、ニキビ初期の白ニキビや黒色ニキビには特に有効なケア方法です。

市販のニキビ治療薬

化粧品でニキビケアをすると、即日治るというものではありません。長期でお肌のケアをすることは良いのですが、今直ぐにでもニキビを消したいと思っている方には、気の長いケア方法です。

市販のニキビ治療薬であれば、即効性があり、ニキビの症状にもよりますが、使用した翌日にはニキビが消えていることもあります。

跡も残り辛いので、取り敢えず直ぐにでもニキビを消したい方にはおススメです。

病院治療

皮膚科や美容皮膚科など、ニキビ治療を行ってくれる病院があります。

ニキビを病院で治すことに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、膿が溜まってしまったり、悪化してしまったニキビ治療には、病院を頼るのが一番です。

特に、悪化したニキビは治療方法を間違えてしまうと、クレーター状の跡が残ったりシミになったりします。

病院での治療は、そのようなクレータ状の跡を残さないように、きれいな肌にしてもらえます。

美容皮膚科であれば、美肌を目的とした治療を行っていますので、きれいな肌作りをしてもらえます。

コメント