Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/akaneiro01/bh01.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ニキビの膿を押し出す方法

ニキビ

ニキビを圧して膿を出す方法

ニキビは触らない、潰さないが鉄則です。

潰すことで傷が出来て雑菌に感染しやすくなり、ニキビが悪化します。

ですが、皮膚科ではニキビ治療法としてニキビの膿を押し出す方法を行っています。

では、本当にニキビを潰すのはニキビ治療として無効なのでしょうか?

実は、出来始めの白いニキビには有効な方法なのだそうです。

赤く炎症を起こしているようなニキビには、使えない方法ですので、絶対にしないで下さい。

自分で膿を出す方法

ニキビの頭が白く、まだ小さいニキビの場合、爪などで圧してニキビの中の白い塊のようなものを出したことがありませんか?

角栓とか、コメドと呼ばれている皮脂や膿が固まった棒状のものです。

毛穴パックなどを行うと、剥がしたパック材に引っ付いてくるあの白い小さなぽつぽつです。

ニキビになる前の毛穴の中にも時々見えています。洗顔中やスキンケア中にマッサージをすることで、毛穴から出てくることもあります。

ですが、鏡を見ていて毛穴から顔を出した角栓に気が付いたからと言って爪や指先で圧し出したりすると、確かに出てきますが肌を傷つけてしまいます。

爪を使って押し出すという方法は、間違った方法です。

エステなどで行う角栓の吸引器が、美容家電を扱っているメーカーから自宅で使えるものが発売されています。

吸引器を使って角栓を取り除けば、肌を痛めることもなくきれいにすることが出来るので、ニキビ予防には有効なのです。

同様に、既にニキビになってしまった場合でも、手や爪でニキビの中の膿や角栓を絞り出すとうなことをすると、肌を傷つけてしまいますし、ニキビ悪化の原因にもなってしまいます。

このような場合は、清潔な状態で行わなければならないのです。

ニキビを圧し出すための条件
  • 顔が清潔な状態であること
  • 手が清潔な状態であること
  • 使用する器具などが清潔な状態であること
  • 殺菌・消毒用の軟膏などが準備されていること

不衛生な状態では、絶対に行わないでください。

膿を圧し出すために使用するもの
  • 消毒液
  • 綿棒
  • ピンセット
  • 面皰圧出器具
ニキビを圧し出す手順と注意点
1.洗顔して顔を清潔な状態にします

メイクをしたままだとか、洗顔していない状態で行うと、開いた毛穴から雑菌が入りやすくなってしまいます。

顔だけでなく、手の消毒も行ってください。

2.消毒した針で、ニキビに穴をあける

消毒液などを使って針の先を消毒し、ニキビの先端に小さな穴をあけます。

穴を開けないでいきなりニキビを圧して中の膿を出そうとすると、傷が大きく開いてしまったり、中々中身が出てこず強く押してしまいます。

3.綿棒2本で圧し出す

2本の綿棒でニキビを挟み、優しく圧します。

中の膿などが出てこないからと言って強く圧してしまうと、傷口が大きくなったり赤くなったりと、ニキビの悪化につながります。

4.中身が出てきたら、ピンセットで抓み出す

ピンセットも必ず消毒をしておいて下さい。

清潔なピンセットで、出てきた膿などの先端を抓んで引き出します。

この時、中に残らないようにして下さい。中に少しでも膿が残っていると、ニキビが治らないどころか悪化してしまうこともあります。

5.中に膿が残ったら、もう一度圧し出す

膿が残らないように、全てを取り除く必要があります。但し、膿が出てこないからと言って無理に強く圧したりすると、肌を傷つけて今います。

圧す方向を変えるなどして、軽く圧し出す作業を何度か繰り返します。

6.全て圧し出したら、傷口を消毒する

膿がきれいに取れたら、必ず傷口を消毒し、傷口に塗る軟膏などを付けておきます。

この消毒が足りていないと、この傷から再び雑菌が入り込んでニキビが出来たり悪化したりします。

皮膚科治療と自己流治療の違い

簡単にニキビの膿を圧し出す方法と注意点をご説明しました。

ですが、やはりこのような治療法であっても皮膚科や美容皮膚科などで、医師に治療して貰うことをおススメします。

自分で治療する場合、使用する道具や自分の手などの消毒・殺菌が不十分だったり、膿が出し切れていなかったり、力を入れ過ぎて傷を大きくしてしまったりと、ニキビを悪化させてしまう可能性の方がかなり高いのです。

しかも、自分で治療した後、肌がきれいな状態に回復する保証がないので、ニキビ跡が大きく残ってしまう事もあり得ます。

特に加齢によって新陳代謝が低下して、ターンオーバーがうまく行われません。という事は、ニキビ治療の跡がいつまででも残ったり、クレーター状になったりと、デメリットの方が大きいのです。

その点、皮膚科や美容皮膚科であれば、消毒・殺菌にも問題はありませんし、何よりニキビの中の膿をきれいに取り除いてくれます。

治療後の肌再生にも有効な治療を合わせて行って貰えますので、ニキビ跡が残らずきれいな肌に戻せます。

初期のニキビであっても、間違った治療法を行えばニキビ悪化になりますし、ニキビ跡も残ります。

その結果結局皮膚科や美容皮膚科に頼らざる負えなくなってしまいます。

コメント